FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シニアセミナー





私ども野田山動物病院看護師スタッフ3名
10月9日(日)午後診のお休みをいただき、
『シニアセミナー』を受講してまいりました

日本でペットとして飼育されている犬と猫の平均寿命が
2014年時点で13.2歳11.9歳過去最高だったことが
先月の調べで分かっているそうです!
ワクチン接種の普及などで感染症対策が進み、ここ25年間で
犬は1.5倍、猫は2.3倍
に伸びたとされています。



ペットの寿命が延びる中、高齢のペットとどう向き合っていくか!

20150827050847a63.jpg


昨年、愛犬2匹を相次いで看取ったばかりの北村ですが、
今月10月に入り新たに12才の中型犬MIXを新しい家族にお迎えしました。

我が家のペットたちは現在、犬2頭、猫2匹。
みんなの平均年齢は11.75才と、
若い猫一匹を除いてみーんなシニア

なので、常にパートナーの『老い支度』に頭を悩ませる毎日・・・



20161019144808d9d.jpeg
(↑最近迎えたこの子はずっと外飼いだったので、少しずつ室内飼いへ移行する予定。
はじめはドライフードだけで食べなかったので、まずは食生活の改善から!
近い将来、療法食を食べてくれなかったらとっても困るので!!
また、目が見えなくなる前にハウストレーニング開始しました
車に乗せてお散歩も病院もストレスなく連れて行けるように!です!)




①パートナーの生活環境の見直し
  (物の配置、滑りやすい・躓きやすい場所がないか、体温を保てる工夫がされているか)
②運動能力の把握
  (最近疲れやすくなっていないか、後に下がれるか、など)
③頭と体を使ったトレーニングで、長時間のお散歩よりも短時間のエクササイズを!



セミナーで知ったのですが、老犬専用のグッズは日本のものが一番種類が豊富なんだそうです!
これ欲しかった!という商品が見つかるかも



20161019145634c55.jpeg
(↑北村家、最長老猫。
お水をすぐに飲めるように水飲み場は数箇所設置。毎
日の食欲・排泄はカレンダーに記入。)



20161019145603cf2.jpeg
(↑奥12才。新しいお名前を覚え、トイレ再トレーニングも実施。
根元に「人を噛む」悪癖のある子なのですが、日頃から口や歯を触るようにして
信頼関係を無理のない程度確認。
お友達を見ながら、一緒にオスワリやフセのトレーニングで
体の筋肉をバランスよく使う練習も大切。)




パートナーの『老い支度』



お悩みの飼い主様はいらっしゃいませんか?
シニア期に入ったパートナーに、いったいどんなことをしてあげられるでしょう?



野田山動物病院看護スタッフにお気軽にご相談くださいね
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nodayama

Author:nodayama

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
バックナンバー
最新コメント
ワンコウォッチ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。