fc2ブログ

外傷性の膝蓋骨脱臼

膝蓋骨内方脱臼という病名をご存知ですか?

この病気は、膝のお皿がはずれてしまう病気ですが、たいていは小型犬の生まれつきの病気が多いです。


kneejoint.png

図のように膝蓋骨がはずれることで、将来的に骨の変形が起こったり、十字靭帯断裂や関節炎のリスクがあるために状況によっては手術をおススメすることになります。


今回は、玄関ですべって靭帯断裂が起こり、急に膝蓋骨脱臼が進行したために手術になったケースをご紹介します。

膝蓋骨の外側にある大腿膝蓋靭帯というものがブッチリと切れています。そのため、内側へずれてしまったのですね。

IMG_1345.jpg
kneejoint.png
この図で示すところの外側大腿膝蓋靭帯です。




IMG_1346.jpg
また、滑車溝というところも、溝が浅いため溝を深くする手術(造溝術)を行います。
IMG_1349.jpg
メスで切れ目を入れて・・・。
IMG_1351.jpg
いったん骨の一部を取り除きます。
IMG_1353.jpg
取り除いた骨をトリミングして、薄くします。

IMG_1356.jpg
その間に大腿骨の部分は、さらに骨を削ります。

IMG_1357.jpg
薄くした滑車溝を元の位置に戻すことでかなり深い溝を作り直すことができました。
IMG_1359.jpg
あとは、断裂していた靭帯を縫合して、脱臼が起こらないかチェックしたところ問題はありませんでした。
IMG_1360.jpg
あとは、伸びきっていた関節包を一部切除して外側に縫い縮めるように縫合して終了となりました。


術後すぐから足もしっかりついて歩行するようになりましたが、基本的に1ヶ月間は安静にしていてくださいね。


今回は、外傷性の脱臼でしたが、もう少し進行したケースでは脛骨(すねの骨)一部も切除して位置を調整する方法も加えなくてはいけないこともありますので、その状態に合わせて考えていくことになります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nodayama

Author:nodayama

カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
バックナンバー
最新コメント
ワンコウォッチ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR