FC2ブログ

交通事故にて運ばれた子猫の骨折治療

先月の夜間に交通事故で野良猫が保護されました。

幸いにも心ある方に保護されたため、飼い猫として迎えられるということで入院治療をさせていただくことになりました。

ただ、事故の際には、全身のダメージが大きいためまずは内科的な治療が必要になりました。

今回のケースでも、事故のために気胸および内臓のダメージ(特に肝臓)が大きく、すぐに手術をすることはできず、肝酵素が低下した事故後8日目の手術となりました。

preope3.jpg
心臓が浮いたような感じになっているため、胸部に空気が漏れています。
preope4.jpg
レントゲンでは、大腿骨の骨頭部分の骨折と大腿骨骨幹部の骨折があります。


これ以降は、手術写真も含まれますのでご注意ください。

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

nodayama

Author:nodayama

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
バックナンバー
最新コメント
ワンコウォッチ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR