最近の骨折治療について

かなりブログをご無沙汰しておりましたが、ここ半年くらいの間であった骨折治療についてのご紹介をさせていただきます。


①トイプードル 2㎏の小型犬で1年前にも骨折歴があり、飼い主様もかなり気をつけておられましたが・・・。

2016072320.jpg 20160723.jpg

前足(橈骨・尺骨)遠位骨幹端の短斜骨折をしてしまいました。




2016082712570.jpg

整復後


2016092813152.jpg

1ヶ月経過してスクリューを2本抜去


201609281435.jpg

2ヵ月後スクリューとプレートを除去


201609281.jpg

上から撮影したレントゲン


最終的に2ヶ月過ぎて完治しましたが、今後も気をつけてくださいね。


②トイプードル 成長期によくある大腿骨の病気ですが、大腿骨の先端が壊死してしまうためレントゲンでも骨密度が薄くなってしまいます。後肢のびっこが鎮痛剤を使ってもなかなか治らない場合は、手術で骨を切ってあげることで痛みが取れ、リハビリ後には通常の生活ができるようになります。


201611271722.jpg  

2016112717261.jpg

手術前、向かって左側の足の付け根の部分の骨が黒く透けてきています。


201611281626.jpg

写真では先端部の骨を電動ノコギリで使い切除します。

その後は、リハビリを頑張って、今は通常の歩行ができるようになっております。


③トイプードル 脛骨(すねの骨)ソ面の剥離骨折

成長期の犬で起こりえる骨折ですが、まれな骨折です。最初は、ほとんどずれがなくて外部から固定することで再生できないか?1週間経過を見ましたが、どんどん剥離していくためワイヤー2本を使い固定しました。


201612080.jpg 201612080846.jpg

上から見ると何もないですが、横撮影では少しずれています。


201612140906.jpg

1週間ほどで大きくずれてきたため、手術へ。


201612151514.jpg  手術直後 


20170111181533.jpg手術1ヶ月半後には完治。

④ネコ 帰ってきたらあごがずれていて、明らかに下顎骨折がありました。


201612011325.jpg


2016120109505.jpg


201701060945.jpg

ワイヤーと創外固定器を使い固定し、食事がとれないため食道チューブをつけて1ヶ月。


201702021356.jpg


20170202130.jpg

なんとか顎はずれることなく、骨の再生は進み、更に1ヶ月後には、このワイヤーも除去して自由の身になりました。


⑤猫 後肢の指の骨折 他の病院からの紹介で手術しました。


201703021956.jpg 3本の骨が折れていました。


2017030300203.jpg


201703030.jpg

0.9~1.1mmの細いワイヤーをいれて、ギプス固定も併用しました。

現在も治療の途中ですが、なんとか大丈夫そうです。


⑥トイプードル 1.6㎏の小型犬で飛び降りた時に指の骨を骨折してしまいました。

残念ながら、このサイズに入るワイヤーはないため、ギプス固定により治療しました。


201701071645.jpg 5本中4本の骨が折れていました。


2017030110333.jpg


2017030110.jpg

2ヶ月間、できる限り安静を試みましたが、元気なワンちゃんだったため1本だけ再生が微妙でした。

ただ、普通に歩行はできるためギプスなしで安静だけお願いしてそのご2週間後の検査ではほぼ骨再生があったため終了となりました。


最近の傾向では、ほぼトイプードルか、外に出る猫の骨折のような気がします。

日常生活でも起こりますので、ご注意ください。

スポンサーサイト

野田山動物病院 ブログ|先月の整形外科疾患

過ごしやすい季節が過ぎ、だんだん蒸し暑い季節になってきました。

これからの時期は、心不全の動物たちやご高齢の動物には、厳しい時期です。

暑い日中は、そろそろエアコンが必要になりそうですね。


話は変わりますが、先月もトイ・プードルの骨折が続きました。

1頭は、4か月のときにも骨折を経験して、治ったかと思ったら、その数か月後に近い部分で骨折を起こしてしました。

44720160519193408.jpg
447102720160519193408.jpg
以前に、骨折した部位が細くなり、少し曲がったような感じになっています。
(前回は、他院にてギプス固定をしたようで、本来の骨の状態まで改善していなかったのかもしれません。)

つづく・・・。

続きを読む

野田山動物病院 ブログ| 最近の骨折治療・・・。

春になると動物たちも活動し始めて、事故などの危険性もましてきます。

ここ最近は、抱っこをしていての落下事故が多いように思います。

春には、5件の骨折事故がありましたが、3件はプレート固定が必要になったため、その経過をご紹介します。

①まだ成長期の柴犬さんで、抱っこしていて落下した時に前肢の骨折をしてしまいました。
 夜間緊急で簡易のギプス固定をしていただいていたので、ほとんどズレはないですが、活発なワンちゃんなのでプレートにて固定しました。 
375878201602061633110.jpg
37587820160206163311.jpg


②2件目は、前肢の先端部の骨折をしていたチワワさんですが、近医にて簡易の固定をしていますが、かなりのズレを起こしております。

400927201603140851050.jpg

③最後の3件目も、チワワさんですが、後肢(大腿骨)の遠位部分の骨折を起こしておりました。
415966201604071703570.jpg 41596620160407170357.jpg


以下、手術の写真も含まれますので、ご注意ください。

続きを読む

野田山動物病院 ブログ | 横隔膜ヘルニア + 骨折の猫さん

まだまだ、ここら辺の地域では事故が多く、先日も前の国道で猫がひかれて死んでいたというのを聞きました。

今回は、事故により内臓損傷および後肢の骨折をした猫のケースです。

IMG_3424.jpg IMG_3423.jpg

事故の当時の胸部のレントゲンですが、呼吸状態も悪く、エコー検査でも水がたまっていました。
胸水がたまっていたのをカテーテルで抜いても何か白いものが胸の中にあります。(肝臓です。)

また、後肢の骨折もあり、かなり重症の状態で運ばれてきました。

IMG_3428.jpgIMG_3427.jpg


ただ、事故の影響により肝臓も損傷しているためか、血液検査でもかなりの異常値が続いていたため骨折に関しては、手術は不可能な感じになりました。


その後ですが・・・。

手術写真も含まれるためご注意ください。

続きを読む

野田山動物病院 ブログ | 最近の整形疾患 3件

皆様、だんだん秋めいて朝晩が寒い季節になりましたが、体調は大丈夫でしょうか?

動物も活動性が増すと、何かとケガをしたりする機会も多くなります。

先日も、病院前で残念な事故がありました。
当院の患者さんが交通事故にあい、3日間集中治療でとりあえず命だけはとりとめましたが、CT検査では、頭蓋骨が陥没しており、予後は良くないという結果。
3日間挿入していた気管チューブを外し、その後数時間でお亡くなりになりました。
本当に事故だけは怖いです。
一瞬にして最愛の動物をなくすため、散歩もご注意ください。

今回のお話は、外出した際に骨折したネコさん、脱臼したネコさん。
膝蓋骨内方脱臼(外傷性)の小型犬のお話です。

IMG_3418.jpgIMG_3419.jpg
1件目は、肘の関節がはずれてしまいました。以前にもブログで2件肘の脱臼の記事は書きましたが、今回は、体が小さく、また、時間がたっているため、麻酔下で元の位置に戻らないため、手術で正常な位置に戻すことになりました。

IMG_3414.jpgIMG_3415.jpg
2件目は、ネコの大腿骨の成長板の部分が骨折しておりました。矢印の部分がずれております。
今回は、これをピンにて整復しております。

そして、3件目は最近、手術が多い膝蓋骨内方脱臼の犬のお話です。


手術写真も含まれるためご注意ください。

続きを読む

プロフィール

nodayama

Author:nodayama

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
バックナンバー
最新コメント
ワンコウォッチ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR